特典満載

クレジットカードは何歳から持てる?

クレジットカードが持てるのは何歳からでしょう?
答えは、申し込み者本人が18歳からです。
18歳でも職業訓練校や高等専門学校を除く、高校生はカードを持つことはできません。

では最長何歳までカードを作れるかというと、初めてカードを作る場合は、65歳くらいまでです。
以前からクレジットカードを持っており、クレジットヒストリーが優良であれば、65歳以上でも作れる場合が多いです。
これはクレジットカードが、安定した収入がある人を審査基準としているからです。
すでに持っている人で料金の延滞を繰り返していると危険ですので気をつけましょう。
とはいってもどのような危険があるのかあまりわからないと思いますので
こちらのクレジットカードの延滞したときの危険性のサイトをご覧ください。

中学をでて、働いて安定した収入がある方も、18歳未満は作ることはできません。
概ね社会的責任を負える年齢が18歳とされているからです。

大学生や専門学校生でもカードを作ることは可能です。
学生の場合、学生カードと呼ばれる学生のためのカードの作成をお勧めします。
やはり安定した収入の部分で、学生カード以外のカードの審査が厳しいからです。

未成年の場合、自分で記載した書類だけではカードを作れません。
親権者の同意が必要となります。
確認の電話などが掛かってくるので、同意をもらいます。

お勧めしたいのが、家族カードという種類のカードです。
有料のクレジットカードでも、家族の一人目は無料、二人目以降は優遇という特典があります。
カードの特典も、親のカードとほぼ同等のサービスを受けることができます。
その場合、カードの支払はカード会員である親になります。

実は高校生でも家族カードが持てる場合があります。
2007年以降、海外留学など特殊な事情がある場合、満15歳以上ならば家族会員の発行可能なクレジット会社があります。
その場合、確認書類など必要になります。

高校生の場合、クレジットカードとは微妙な違いがありますが、デビットカードを作る方法もあります。
デビットカードは、使用したと同時に自分の銀行口座から、使用金額が引き落とされる仕組みです。
クレジットカードが月1回または2回払いで使用したときに口座残高が足りなくても買い物できる部分に違いがあります。
こちらのおすすめのクレジットカードのご紹介も是非ご覧になってください。

Menu