特典満載

クレジットカードと社会的信用

【改正貸金業法】【改正割賦販売法】により、消費者の与信管理の一元化がおこなわれました。
これは、元来多重債務を防止するための法律です。

【改正貸金業法】は消費者の与信管理一元化により、どんな借り方をしたのか、返済をしたのかがわかり、個人資産状況がわかるようになるため、【与信格付け】がどんどん一般的に浸透するのではといわれています。

どんなに、高所得者でも、取引履歴に問題があれば、カードは発行されません。
ゴールドカード以上のカードを持っていると、それだけで信用力があるとみられます。
既にアメリカでは、20年以上前からクレジットスコアという個人格付けがおこなわれています。

クレジットスコアとは、クレジットカード利用に対しての信用偏差値という考えです。
アメリカにおいて、クレジットスコアは重要視されていて、就職、転職、結婚、金融機関の融資、住宅ローンの借り入れ、転居まで影響があるといわれています。

日本では、アメリカほどのクレジットスコアに頼る信用度は重視されないと思われますが、【指定信用情報機関】が個人の与信情報を一元して管理されるようになったことで、クレジットスコアの考え方が、日本でもおこなわれる可能性がでてきました。

日本でも、自分の与信情報を取り寄せることができ過去2年の履歴が見れます。
例えば、指定信用情報機関のCICに郵送による問い合わせ、または窓口で【信用情報開示報告】を知ることができます。
気になる方は取り寄せるのもひとつの手でしょう。

クレジットカードの、ショッピング履歴、カードローン、キャッシング、消費者金融の返済履歴、利用額、残債額、返済履歴、入金情報、その上、生年月日、本人情報などの記載内容を見ることができます。

この中で、一番重要である項目は、【入金状況】です。
個人の都合で返済の入金がおこなわれないとAという記が付きます。
これがあると信用度が落ちます。

また、新しいクレジットカードを半年以内に何回も作成すると、借り回りをしているとみられてしまいます。
次のクレジットカードを作るなら、半年待ちましょう。

ステータスを上げるポイントは、
・多くのカードを持たない
・返済期日を過ぎない
・限度額近くまで利用しない
・毎月一定額の利用をする
・半年以内に複数のクレジットカードの申し込みをしない

【改正貸金業法】【改正割賦販売法】により、消費者の与信管理の一元化がおこなわれました。
これは、元来多重債務を防止するための法律です。

Menu