特典満載

利用明細書に覚えのない請求があったらどうしたらいい?

利用明細が届いて、使った覚えのない請求があった場合、どうすればいいでしょうか?

請求は先月に買ったものだけとは限りません。
クレジットカード会社による締日に間に合わなかった先々月より前のものも届く場合があります。

支払った商店によっては、使った日付が利用日になっていない場合もあります。
まずは、金額やショップ名から覚えがないか、確認してください。
ショップ名と、明細の名前が違う場合もあります。

また、外国為替が絡んだ案件は、利用金額と明細金額が違う場合もあります。
できるだけ、クレジットカードの控えは、明細書が届くまで、保存しておきましょう。
ほとんどの買い物をクレジットカードで支払っている場合、明細書とレシートで、家計簿代わりにもなります。

どうしても覚えがないとき、明らかに自分、または家族が使った覚えがなく、他人が使っている可能性が強い場合は、クレジットカードに記載された電話番号または、カードのサイトにある連絡先、明細書にある電話番号に問い合わせてください。
クレジット会社のほうで、利用が不正に使われてないか調査してくれます。

不正に使われていることが判明したときも慌てないでください。
クレジットカードのほとんどが、盗難保険に加入しています。
不正利用が判明した場合、保険会社が使われてしまった金額の補填をしてくれます。

不正利用は、はじめは数百円や数千円など見過ごしてしまう金額で試される場合が多いです。
少額なので見逃していると、犯罪者側が使えるカードとして、次回に大金を引き出されてしまいます。
不正利用が判明するまで、その番号からお金を引き出され続けてしまいます。
少額でも、利用の覚えがない場合は、必ず確認するようにしましょう。

その場合、クレジットカードに記載された電話番号または、カードのサイトにある連絡先、明細書にある電話番号の問い合わせ先に相談の上、面倒でもクレジットカードの番号を変更してください。

Menu