特典満載

一括払いと2回払いは手数料がかからない

少し難しい話になりますが、分割払いは割賦販売と呼ばれています。
割賦販売は法律によって、クレジットカードの健全な発達と消費者保護のために、取引の方法が定められています。

その中に、【2ヶ月以上の期間にわたり、かつ3回以上に分割して支払う方法】という部分があります。
簡単にいうと、2回までは手数料、金利がかからない、ということです。

ところが、2010年12月17日、クレジットカード発行元会社に対し【包括支払可能見込額の調査、および包括支払可能見込額調査に基くリボ払いご利用枠、分割・2回・ボーナス一括払いご利用枠の設定】が義務付けられました。
【包括支払可能見込額の90%を超えるリボ・分割枠の設定】が禁止されました。
購入から支払いまで二ヶ月以上かかる場合は、この【改正割賦販売法の規制対象】となります。

本来なら、2回払いやボーナス一括払いについて変更はないのですが、この法律によって、クレジット会社によっては、2回払いやボーナス一括払いに金利、手数料を取るようになりました。
カードの変更時や、新規にカードを作る場合は約款等を必ず確認してください。

また、法律による利用額の制限によって、限度を超えた額の買い物はできなくなりました。
利用額の制限は、家族形態、年収などにより変わってきます。

新しい法律で特に気を付けたいのが、ショッピング枠の拘束です。
ボーナス一括などで買い物をしている場合、支払いが終わるまで、その金額はショッピングの限度額の中に入りショッピング枠が拘束されます。

リボ払いについては、たとえ一括払いの場合でも、手数料、金利がかかる場合があります。
その点もきちんと約款などで確認しておきましょう。

海外は法律の対象外です。
一括払いが基本です。
分割払いにしたい場合は、帰国後、支払い方法を変更してください。

クレジットカードを使用すると、店舗は5%前後の手数料をクレジット会社に支払います。
そのためか、本来は契約違反にあたりますが、手数料を上乗せして請求する店舗もあります。

Menu