特典満載

クレジットカードを紛失してしまったら

カードを紛失した、盗難された場合、できるだけ早くクレジットカード会社に連絡し、同時に、警察に盗難届を出すことが大事です。
なぜなら、連絡が遅くなるほど、クレジットカードが悪用される可能性が高くなるからです。

紛失届は、土日でも受け付けてくれるカード会社がほとんどです。
まずは電話をしてください。

クレジットカード会社に連絡すると、連絡を受けたクレジットカード会社がクレジットカードの利用を停止します。
その後、二三週間ほどで再発行した新しいカードが届きます。

警察に盗難届を出すことはとても大切です。
もし、クレジットカードの不正利用されたときに、盗難、紛失保険の適用を受ける際に警察への紛失届が必要になります。
紛失届を出していないと適用されなくなりますので必ず連絡してください。

その後、警察から盗難届の証明書を受領することを忘れずに。
この証明書は、保険会社との手続きをする際に提出するため必要です。

クレジットカード会社に連絡し、警察に届けを出して、保険会社に盗難届の証明を提出しても、補填されない場合があります。
カードの所有者側に、不備、過失があった場合です。

・誰でも簡単に不正利用されてしまうような場所に置き、クレジットカードを適切に保管しなかった場合
・生年月日など、他人に容易に類推されてしまう暗証番号を付けている場合
・クレジットカードの裏面のサインが記入されていない場合

他、本人の過失にあたるときは補填されないことが多くなっていますので、利用には気を付けましょう。

クレジットカード会社が保障する、盗難、紛失保険の保障期間は、警察に届け出をだした日を中心に、前後60日の120日間が多いです。

保障してくれる金額は、カード会社やカードの種類によっても差がありますが数百万から数千万円の間で、無制限には保障してくれません。
ですが、利用枠の範囲はカバーできるようになっています。

カード申し込み時に盗難保険に加入することも大切です。
無料カードは保険も無料になっていることもありますし、保険代だけ支払う方式の場合もあります。
年会費を払うカードは、保険代も込みになっていることが多いです。
未加入の場合、保障されないので、約定に必ず目を通しておきましょう。

Menu