特典満載

セキュリティ機能を強化したICクレジットカード

ICカード(Integrated Circuit = 集積回路)は、情報の記録や演算をするための集積回路(IC)を埋め込んだカードのことです。
チップカードやスマートカードとも呼ばれますが、日本ではスマートカードと呼ばれることが多いです。

集積回路の中身ですが、RAM、ROM、EEPROMなどの半導体メモリに、CPUやコアプロセッサなどを内蔵しています。
ICチップが付いているカードを確認したい場合は、カード表面の左に、1cm四方の金色のものが埋め込まれていれば、そのカードはICカードです。

ICカードは、従来の磁気テープ方式と違い、膨大な情報を記憶できます。
演算機能も付いているので、例えばコンピュータのように情報処理をさせることもできます。

複雑なため解析が難しく、簡単にスキミング被害に合うこともなくなります。
無理に解析しようとすると、壊れる仕様になっている場合もあります。

2001年に全国銀行協会が「ICキャッシュカード標準仕様」を制定、2004年~2005年頃から導入が加速しました。
ただし、せっかくのICチップですが、ICチップは費用がかかるため、ICチップの埋め込みに躊躇するカード発行会社もあり、完全には普及していません。
読み取る側の機械がICチップに対応していない場合もあるため、完全なICチップへの移行ができていません。

海外などもICチップ未対応の場合があります。
そのため、磁気テープと併用している場合がほとんどです。
完全にICチップに移行すれば、スキミング被害はなくなるでしょう。

ICチップ対応端末を設置している加盟店では、従来のようにサインは必要ありません。
暗証番号を入力する装置が設置してあり、暗証番号を入力するだけで、決算ができます。

気を付けたいのが、口頭で暗証番号を言ってしまうことです。
必ず、専用のピンパットに、自分で入力するようにしてください。
その時も、他人に見られないように気を付けてください。

最近ではクレジットカードのオートチャージを利用した電子マネーが普及してきました。
この機能もICを利用しており、チャージの手間がなく便利ですね。

Menu