特典満載

申し込み時の審査に落ちないようにするポイント

クレジットカードを発行する会社は、どこを見て判断しているのでしょうか?

・収入の有る、無し
・返済能力
・居住所が特定できるか

【クレジットスコア】に問題ないでしょうか?
クレジットスコアとは、クレジットの利用履歴です。

例えば、以前使っていたクレジットカードに、返済の遅延が多かったり、まったく利用しなかった場合など評価は低いです。
特に、返済の滞りは問題があります。

次回、クレジットカードを入手した場合は、電話代や家賃をクレジットカードで払うようにして、遅延のないように返済してください。
審査の厳しいクレジットカードも、クレジットスコアが良好であれば通過することが多いです。

申込書を雑に記入していないですか?
記入部分に間違いがあったり、抜けていると信用が落ちます。

誤字脱字、記載内容に間違いがないか、字が著しく読めないほど汚くないですか?
できるだけ丁寧に書きましょう。
特に、住所や電話番号などに間違いがないか気を付けてください。

現在、または過去、多重債務をした経験はありませんか?
返済能力がないと見られ、落ちてしまうことがあります。
大学生、フリーターの場合、返済能力が問われます。
また、アルバイト、パートも勤続年数が短いと、審査に通らない場合があります。

立て続けにカードを作る場合も審査に通らない場合があります。
キャッシングを繰り返して、多重債務で自転車操業になっていると思われるからです。

返済能力のあるなしを判断するために、クレジットカード会社は個人信用情報センターを利用します。
【全国銀行個人信用情報センター】【日本信用情報機構】【CIC】の三種類があります。
個人情報は半年間残ります。

また、自己破産など金融事故をおこした場合は最低5年間はカードを作れません。
居住所は、シェアハウスやホテルを居住地にしている場合などで通らない場合があります。

逆に、審査に通りやすい人は、年齢、年収が高く、勤続年数が長く、規模の大きい会社か公的機関に勤め、持ち家で長く居住している人で、丁寧に申込書を書く人です。
できるならば、クレジットカードを作るときは親と同居しているほうが有利です。

クレジットカードを作る半年以上前から借入するのは控えましょう。
審査が通りやすい、ショッピング系か、ローン会社系で、まずは初めの1枚を手に入れましょう。

Menu